바로가기 메뉴 본문 바로가기 주메뉴 바로가기
  1. 日本語
  2. 韓国語
大使館 SNS
  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • youtube

Notice 韓国入国に関する案内(2022年5月16日基準)

DATE
2022-05-17

1.入国前に準備する書類


(1) PCR陰性確認書:出発日0時基準で48時間以内に発行された陰性確認書*提出必要 


* 5月23日からはPCR検査のほか、専門家用抗原検査(RAT、AG、Antigen、出発日0時基準24時間以内)の結果も認めることに変更


※ 葬儀参加隔離免除書所持者、満6歳未満はPCR陰性確認書提出免除対象


※ 詳細は添付2及び当館ホームページ-領事お知らせ-"海外入国者PCR陰性確認書の提出基準等のご案内"のお知らせを参考




2.入国前の検疫情報事前入力システム(Q-CODE)入力


o 検疫情報事前入力システム(Q-code)に入国者情報登録


- (cov19ent.kdca.go.kr/cpassportal/)に入国者情報登録->QRコード発行->韓国入国時、空港検疫に提示


※ 国内接種者はQ-codeに住民登録番号(外国人登録番号)を入力すると予防接種歴が照会される

*海外接種者はQ-codeに接種証明書をアップロードする必要ある。


- Q-codeを登録してQRコード発給、ワクチン接種完了者は隔離免除


- Q-codeを登録し、QRコードを発行する際(葬儀参加、公務出張などの理由)隔離免除書所持者は入国手続き時間短縮可能




3.海外入国者隔離に関する案内


(1) 予防接種完了者:予防接種歴を確認した場合、隔離免除


 ① 予防接種完了者基準:WHO緊急承認ワクチンを活用して、2次接種後(ヤンセンは1回)14日~180日以内の人と3次接種者(有効期間なし)


  ※ WHO緊急承認ワクチン:ファイザー、モダナ、アストラゼネカ、ヤンセン、ノババッグス、シノファーム(北京)、シノバッグ、コビシールド、コワクチン、コボバッグス



* (満12~17歳)2次接種(ヤンセン1回)14日経過時、接種完了者/6.1日から適用


* (満12歳未満)接種完了者と同伴入国の場合、隔離免除可能/6月1日から適用



 ② 隔離免除の適用方法:検疫情報事前入力システム(Q-CODE)に入国者情報登録→QRコード発行→韓国入国時の空港検疫に提示



(2) 予防接種未完了者:自己隔離または施設隔離


o 内国人及び長期滞在外国人:自己隔離7日

※ 入国後、自宅移動時に公共交通機関利用可能


o 短期滞在外国人:施設隔離7日(入所費用自己負担)



4.海外入国者PCR検査

o すべての海外入国者は入国1日目にPCR検査必須


- 住所地管轄保健所で検査し、結果確認時まで宿泊先待機必要


※ 6.1.からは同PCR検査を入国3日以内に受けることに変更  


o 入国6~7日目にRAT検査:自己検査または医療機関を訪問


※ 60歳以上の海外入国者は保健所選別診療所PCR検査可能


※ 6月1日からは入国6~7日目に実施するRAT検査は勧告事項に変更

loading