바로가기 메뉴 본문 바로가기 주메뉴 바로가기
領事/ビザ業務

査証(ビザ)発給

  1. 領事/ビザ業務
  2. 査証(ビザ)発給
  • Font Size

一般観光(C-3-9)査証発給再開等のご案内

DATE
2022-07-21

一般観光(C-3-9)査証発給再開等のご案内



当館では、2022年5月25日から一般観光(C-3-9)査証の受付を再開することを次のようにお知らせします。



□ 発給対象 

○ 団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客



□ 査証発給内容

○ 滞在期間:90日以内

○ 査証有効期間:発給日から3ヶ月

日本国籍の方はビザ申請は不要です。必ずK-ETAを申請してください。


□ 受付日程

○ 受付時間:平日 午前 09:00 ~ 11:30

(11:30受付終了となりますので、必ず11:00までにご来館ください)

○ 訪問による申請のみ可能 (予約不可、 ネット・郵便での申請・交付は不可)

※ 住民票上の現住所が愛知、岐阜、三重、福井県内の方のみ受付可能です。


※ 査証発給期間が1~2週間程度かかると予想されるため、必ず2週間以後の日程の往復航空券を提出しなければなりません。


□ 提出書類

○ 外国国籍者

① ビザ発給申請書(添付様式)

② カラー写真 1枚(3.5*4.5cm、背景 白、6ヶ月以内に撮影したもの) 

③ パスポート(有効期間6ヶ月以上)及びパスポートのコピー(人的事項面) 1

④ 住民票(3ヶ月以内の原本)

 往復航空券予約確認書(e-ticketなど、申請日から2週間以降の日程)

 ホテル予約確認書(ホテルの名前、宿泊予定地の住所、電話番号など)

 知人家族など宿泊する場合は、知人・家族身分証明書のコピー(住民登録証、運転免許証、外国人登録証など)

 在留カード(残存期間3ヶ月以上)及び在留カード両面コピー 1枚

⑧ 職場、店舗、学校、無職などの証明書類(在職証明書、登記簿謄本、在学証明書、家族の住民票など)

⑨ 国内滞在経費支払いのための財政能力立証書類(残高証明書1ヶ月以内の原本通帳の原本など)


在留資格の立証書類(日本国籍以外の方)

※ 会社員は在職証明書(永住者、定住者を含む)、店舗を経営してる方は登記簿謄本、4年制大学の留学生は在学証明書を追加提出、本人名義の財政能力立証書類がない場合、親の財政書類提出可能(家族関係証明書類提出必要)


- 35カ国の国民は、以下のいずれかに該当する場合のみ、査証申請が可能で、査証申請の際に本人が住民票、旧パスポート、旧在留カードなどを提出し、これらを立証しなければなりません。


ㅇ 次の35カ国家の国民

該当国家 :中国、フィリピン、インドネシア、バングラデシュ、ベトナム、モンゴル、タイ、パキスタン、スリランカ、インド、ミャンマー、ネパール、イラン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルキスタン、ウクライナ、ナイジェリア、ガーナ、エジプト、ペルー、イラン、シリア、スーダン、マケドニア、コソボ、キューバ、パレスチナ、イラク、イエメン、アフガニスタン、カメルーン、ソマリア、ガンビア、セネガル


⑴ 2年以上日本に滞在した長期ビザ所持者

   ただし、以下に該当する者で、長期ビザ所持者は日本に2年未満の滞在でも査証申請可能

① 大韓民国政府、自治体、公共機関の招請を受けた外国人とその配偶者及び未成年の子(同伴申請の場合に限る)

② 駐在員、外交官、国際機関職員に該当する長期ビザ所持者とその配偶者及び未成年の子(同伴申請の場合に限る)

③ (韓国人、日本人、永住者)の配偶者及び未成年の子 

④ 教授、高度専門職、技術·人文知識·国際業務、経営·管理、医療、研究などのビザ所持者、4年制大学留学生とその配偶者及び未成年の子

⑵ 永住者

⑶ 乗換ビザ申請者

⑷ 査証発給認定書所持者

  ただし、ホテル遊興(E-6-2)資格の査証発給認定書の所持者を除く。

※ 未成年者の場合は必ず申請書の署名欄に保護者(ご両親など)の署名が必要です。


□ 注意事項

 本人又は代理人の訪問による申請のみ可能です。(予約不可ネット・郵便での申請・交付は不可)

旅行代理店または家族、会社の同僚・マネージャー(委任状必修)の代理申請は受付が可能 代理申請の案内(Click)

○ 申請対象者は愛知県、岐阜、三重県、福井県に住民票がある方です。

○ 一般観光(C-3-9)のビザ申請の後、約10日くらいで許可又は不許か結果が決まります。

○ 必ずビザの申請日から2週間以降の日程の往復航空券を提出ください。

○ 往復航空券を提出したとしても査証発給可否とは関係ありません。

○ 査証発給申請書を誠実に作成しない場合、査証発給ができない可能性があります。

 申請時にパスポートを提出し、申請期間中は日本に滞在しなければなりません。
 申請時に必要書類全てが揃っていない場合、申請の受付は出来ませんのでご注意ください。
 在外公館長は入国目的、招待者の真偽、招待者及び被招待人の資格確認などを審査するため必要な場合は、添付書類の一部を加減する場合があります。

○ 以降変更事項が発生される場合、ホームページにてお知らせします。


★ 査証(ビザ)業務総合案内 ★(Click)

loading