바로가기 메뉴 본문 바로가기 주메뉴 바로가기
  1. 日本語
  2. 韓国語
大使館 SNS
  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • youtube
公館紹介

お知らせ

  1. 公館紹介
  2. お知らせ
  • Font Size

平昌、2014年冬季オリンピックの最終候補3都市に選ばれる

DATE
2006-06-27

国際オリンピック委員会(IOC)は22日、2014年冬季オリンピック開催候補地を3都市に絞り込み、その1つに韓国の平昌(ピョンチャン)が選ばれたと発表した。

ソウルの約180キロ東に位置する江原道平昌市はザルツブルク(オーストリア)、ソチ(ロシア)とともに最終候補に選ばれた。

IOC
によると、最終候補の3都市は必要施設を建設する能力と技術水準に基づき、立候補していた7都市から選考された。カザフスタンのアルマトイ、グルジアのボルジョミ、スペインのハカ、ブルガリアのソフィアも冬季五輪の開催地に立候補していた。

IOC
2月から3月にかけて現地を視察後、20077月までに開催地を最終決定するとしている。

韓国の関係者は最終候補に選ばれたことを歓迎した。2014年冬季五輪の平昌誘致委員会の韓昇洙(ハン・スンス)委員長は「IOCの決定を歓迎し、尊重する」として、「委員会は最終的な開催地に選ばれるように政府および関係組織と緊密に協力する」と述べた。

江原道知事もこの決定を歓迎し、平昌市は国際スポーツイベントの開催を準備万端整えているとの自信を示した。

キム・ジンソン江原道知事は「我々は現在、スタジアムの建設や良好な交通網の確保に必要なインフラ整備を盛り込んだ「ドリームプログラム」と呼ばれる冬季五輪プロジェクトに取り組んでいる」と述べた。

平昌は2010年の冬季オリンピック開催地に立候補したが、わずか3票差でカナダのバンクーバーに敗れた。

loading